滞納や払えない場合 家賃や水道代など生活費が払えない

結婚式のご祝儀のお金がない時の対処法

招待された結婚式のご祝儀がない時にはどう対処する?

友人・親族・会社の同僚など長い人生の中で知り合いの結婚式に招待される経験は誰にでもあるものですが、その際の状況やタイミングによっては急な出費などでご祝儀が用意できず困ってしまうこともあるかと思います。

ただお金が無いからと言って結婚式のご祝儀を払わないという選択肢は考えづらく、金額を少なくするというのも新郎新婦や知り合いにケチだと思われる可能性があるので抵抗を感じてしまう方も多いと思います。

そういった様々な事情から結婚式のご祝儀が用意できなくなった状況の対処法について、どうすればいいのか色々と書いてみたいと思います。

具体的にはどんな対処法がある?

結婚式のご祝儀の相場は新郎新婦との関係性や年代によって変わってきますが、いずれにせよ数万円以上は確実なのでお金が無い状況で急に用意するのは難しいです。

そういった時の対処法は大きく分けると2種類あって、基本的には金額を減らすかお金を借りるかのどちらかになります。

ご祝儀の金額を減らす方法はいくつかありますが、手っ取り早いのは初めから金額を少なめにする方法です。

ただこの方法だとケチだと思われてしまう可能性があるので、なかなか難しいと思います。

もし自然な形でご祝儀の金額を減らしたいのであれば、披露宴には出ず挙式や二次会だけ参加する方法などがあります。

披露宴から出席する場合と挙式等だけ出席する場合では後者の方が一般的にご祝儀が少なくて済むので、この方法であればお金が無いことを知られずに自然に金額を減らせます。

また金額を減らすのではなくそもそもお金を借りるという方法もあって、その場合には周囲の人から借りる方法と消費者金融などから借りる方法があります。

前者の場合は消費者金融のように高い利息が発生しないので返済が楽になりますが、一方的で人によってはご祝儀のお金が無いと正直に話すのに抵抗を感じるかと思います。

後者の場合は金利が発生するデメリットがありますが、利用方法によっては周囲に知られることなくお金を用意できます。

結局どうするのが正解?

お金が無くて結婚式のご祝儀が用意できない時にどんな対処方法を選択するかは人によりますが、基本的には周囲に知られたくないという人がほとんどだと思います。

そういった点を踏まえて考えるとご祝儀の金額を減らすのであれば、挙式や二次会から参加する方法がベストだと思います。

またお金を借りるのであれば消費者金融なカードローンなどを利用して借りるのがベストで、この方法であればご祝儀を用意できないという事実やお金が無いことを知られずに済みます。

お金が無くてご祝儀が用意できずに困っていることを知られて新郎新婦に気を遣わせる状況になることが最も好ましくないので、可能な限りそういった状況にならないように知られずに対処するのがベストだと言えます。

タイトルとURLをコピーしました