滞納や払えない場合 家賃や水道代など生活費が払えない

fxの追証が払えない時の対処法

fxの追証が払えない時、どうすればいいのか…と悩んでしまったことがあるのではないでしょうか。

たとえば、株とは違い、FXなら証拠金の25倍までの取引をすることが出来ます。このため、実は元手が100万円ほどしかなかった場合も、2500万円ほどの取引ができてしまいます。

プラスになれば、良いですが、自分が張った方向と当然ながら違う方向に疎く事になり、大損してしまうことにも繋がります。そうなれば、追証といって、追加で担保の差し入れが必要となります。その場合には所定の金額を支払う必要が生じてきます。また、これは指定された日付までになっていて、それをすぎると強制決済となってしまいます。

追証が払えない場合には自己破産が出来る

実は追証が払えない場合には自己破産をすることが出来ます。

負債額が最終的にいくらになったとしても、その金額を支払うことが出来ない場合には、自己破産を裁判所に申し立てることが出来ます。しかし、鍵となるのが無事に免責されるかどうかという点です。

裁判官にもよりますが、基本的にはこういったレバレッジの高い投資についてはギャンブル扱いになりますので、ギャンブルの場合には免責にならないということもあります。その場合には免責がおりずに、そのまま借金が残ってしまうことになります。

しかし、免責が認められるケースもありますので、まずは裁判所に申し立ててみましょう。

自己破産まではしたくない場合には

このように、追証がかなりの高額の場合には最終的に自己破産という方法を取ることも可能です。しかし、そこまでしたくないという場合、またそれほど高額ではない場合には別の方法もあります。その場合も、無視をしたり、放置をしたりせず、相手の担当者からの連絡には必ず対応をするようにしましょう。

この際に、分割払いの申し入れの相談をしてみることがおすすめです。そうすることで、期限までに支払うことが出来なかった場合も分割で支払うことについて認めてもらえることがあります。ただし多額になればそれは認められませんので、自己破産についてまずは弁護士に相談をしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました