今すぐお金を作る方法

他社借入件数に嘘を書いてクレジットカードや消費者金融に申し込みをしたらどうなるかについての回答

クレジットカードや消費者金融のカードローン、銀行カードローンを申し込む時には必ず他社での借入件数などを記入する項目と言うのがあります。

あまり件数や借金が多かった場合に審査が通らないのではないかと不安になって、ここに嘘を書く人が少なからずいます。

他社からの借金あるのに、借入残高をゼロにした場合、また100万円の借入があるのに30万円と過少申告をした場合、審査にどのような影響があるのでしょうか。

借入残高や件数に嘘を書いた場合ばれるのかどうかについて詳しく解説していきます。

他社借入件数や借入金額どこまで正確に書く必要があるか?

申し込みをする対象がクレジットカードなのか、消費者金融のカードローンなのか、銀行カードローンなのかによっても異なってきますが、まず必ずといっていいほど必須の記入項目としては、次の2つがあります。

・他社借入件数
・借入金額(残高)

つまり今他社でどれくらい借金をしているかということです。

特に消費者金融からお金を借りる場合の申し込みにはこれが大変重要な項目になってきます。

逆にクレジットカードの場合は直接的に借金をするわけではないので(キャッシング枠を申請しない場合)、消費者金融ほど重要ではありません(重要度が低いというわけではなく、あくまでも消費者金融と比べて低いということです)。

消費者金融の場合は、総量規制の関係で他社借入残高がすでに年収の3分の1を超えていれば、その時点で審査に通る可能性がかなり低くなります。

逆にクレジットカードの申し込みの場合、ショッピング枠のみの申し込みであれば、消費者金融などの借金が年収の3分の1を超えていたとしても返済さえきっちりとされていれば、クレジットカード自体は作れる可能性はあります。

また借入件数についてはほとんどの人がちゃんと把握している(さすがにこれを把握していないとやばいですよ!)ことと思いますが、借入残高というのは、正確な金額は分からない人も多いと思います。

また元本なのか、利息を含めた金額なのかというのも気になります。

結論から言うと、だいたいで構いません。さすがに借入件数を間違える(または過少申告)はよくないですが、借入金額については多少の誤差があってもそれが審査に影響することはまずないでしょう。

他社借入残高が48万円なのに、47万円と書いたり、49万円と書いてもそれほど大きな問題にはなりませんが、100万円あるのに10万円と書くには完全な嘘ですから、絶対にやらないようにしてください。

他社借入件数に含まれるのは貸金業者からのみ!住宅ローンやカーローンなどは含まれません!

では、他社借入に含まれるものはどういったものでしょうか。

たいていの場合は貸金業者からの借入件数と残高と捉えてよいでしょう。つまりフリーローンやカードローンなど信用を担保にしてお金を借りている残高ということになります。

この場合は住宅ローンや自動車ローンなどは含まれません。

もちろんクレジットカード会社の申込書などには、住宅ローン残高があるかどうか、ある場合はいくらかといったことを記入する項目があるものもありますが、その場合は申込書の形式に従って書けばいいだけで、一般的な他社での借入件数や残高にはこういった住宅や自動車などのローンを書く必要は全くありません。

クレジットカードのリボ払い残高やキャッシング残高は書く必要があるの?

ではクレジットカードの残高についてはどうでしょうか。クレカの場合、一般的にショッピング枠とキャッシング枠というものがあります。

ショッピング枠については普段のお買い物や飲食店、ETCカードなどで使える利用可能枠でキャッシング枠というのは直接現金を引き出せる利用可能枠になります。

つまりキャッシングの利用については直接お金を借りていることになりますから、クレジットカードといえど他社借入件数には含まれます。

アコムやアイフル、プロミスなど他社での借入先の消費者金融を具体的に書く必要はあるのか?

結論から言うと必ずしも各必要はないと思われますが、ちゃんと書いたほうが審査の心証がいいと思って書く人も多いようです。実際に消費者金融に申し込みをすれば分かりますが、借入先を各項目があるところとないところがあります。

たぶん大手は借入件数と借入残高だけのところのほうが多いんじゃないでしょうか。逆に中小の消費者金融などは借入先の会社名やそれぞれの借入先の消費者金融後との残高などを詳しく書かせるところも多いです。たぶんですが、どこから借りているかという市場調査的な意味合いも多少はあるのかもしれませんね。

いくら嘘を書いても信用情報センターに照会すれば嘘はばれます!

お金を借りる時もクレジットカードを作る時も必ず信用情報センターに照会があります。申込者の借入残高や借入件数、支払い状況、事故情報等がすべてここに記載されています。

申込書にいくら嘘を書いても信用情報センターに問い合わせれば一発で嘘が分かってしまいますので、正確にちゃんと記入することをおすすめします。

借入件数や借入残高で嘘を書くと審査に通らない?

結論を先に言いますと、嘘を書いても審査に通る時は通るし、通らない時は通りません!

なんじゃそりゃ!と思う人も多いかもしれませんが、確かに嘘を書かずに正確に書いたほうが多少は審査する側の心象もいいかもしれませんが、あくまでも実際の信用情報と申込者の属性に従って審査されるので、多少過少申告していたり、借入残高を少なくしていても、信用情報さえ良ければ可決してお金を借りることは大いに可能です。

また正確にきっちりと書いても信用情報が悪ければお金は借りることができません。

とは言え、過少申告したり、嘘を書けば審査する側の心象も悪くなりますので、審査が可決が否決のギリギリのラインであれば、ちょっとした心証で変わる可能性もありますので、正確に書くようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました