今すぐお金を作る方法

他社借入件数が1件だけの場合は新規で別の消費者金融からお金を借りられるかに対する回答

他社借入件数が1件のみ場合、新たに別の消費者金融からお金を借りられるか、

またその場合は同じように大手の消費者金融でも審査に通るかどうかというのはたくさんの人が心配になるところだと思います。

まず現状を把握して、状況別に新規の借入ができるかどうかについて解説していきます。

現在借入しているところ(1件目)は大手消費者金融ですか、それとも銀行カードローンですか?もしくはクレジットカードのキャッシングですか?

個人の1件目の借入先としては、この3つのほとんどでしょう。いきなり最初から小さな街金のようなところでお金を借りる人もあまりいないでしょう。

ここで注意すべきなのはクレジットカードのキャッシングです。実は昔は消費者金融とクレジットカードの情報が連携していなかったため、クレジットカードのキャッシングでお金を借りていても、消費者金融には分からない時代がありました。

しかし総量規制が施行された今となっては、すべて筒抜けになってしまっています。

つまりクレジットのキャッシングであっても大手消費者金融であっても、お金を借りている以上すべて他社借入件数としてカウントされます。

例えばクレジットカードでのキャッシングで小額の残高などがある場合でも他社借入件数1件として判断されていしまいますがので、可能であれば先に返済しておくほうが新規でお金を借りる時の審査には有利になります。

他社借入1件の状態で次(2件目)に申し込みをするのは大手のほうがいいか、それとも中小の消費者金融のほうがいいか

結論から言うと、他社での借入が1件のみであれば2件目としてお金の借りるのは大手消費者金融や銀行カードローンがよいでしょう。つまり審査基準のゆるい中小の消費者金融でなくても、十分に審査に通る可能性はあります。

大手の消費者金融であっても会社によって、もっと詳しく言うと店舗によって審査基準が異なります。

こう書くと誤解を生みそうですが、大まかな審査基準はもちろんだいたい同じようなものかもしれませんが、最終的に融資をするかどうか、また限度額を20万にするか30万にするかなどの細かい部分については、その店舗の支店長の判断にすべて委ねられます。

もちろんそれぞれの支店には毎月の目標やノルマなどもありますので、申し込み時期(例えば月末や月初など)によっても審査結果が多少変わることもあります。

なので会社が違えば尚のこと審査基準が違ってもおかしくはありません。A社でだめでもB社で可決されることも多々ありますし、現時点で返済が遅れていなければ他者借入1件であれば、審査で可決する可能性が非常に高いと思われます。

総量規制に注意!年収の3分の1を超える場合は件数に関係なく新規で借りられない可能性もあります!

借金をしている人はみんな知っていると思いますが、件数が少なくても総量規制に引っかかる場合は新たにお金を借りることはできませんので注意が必要です。

但し、おまとめローンや借り換えローンなどのサービスを主体にしている銀行カードローンに関しては総量規制の対象外となりますので、借入は可能です。銀行ローンの場合は消費者金融に比べて金利が低いこともあり、うまく借り換えができれば毎月の支払額も減るため、可能であればこれを機会に借り換えをすることをおすすめします。

今借りているところは契約からどれくらい経っていますか?半年以上経過しているのであればまずは増額を申し込んでみてはいかがでしょうか?

借入件数が1件だけの場合、新規で別のところから借入をする前にまずは今借りているところに連絡をして増額の申し込みをしてみはいかがでしょうか?

もちろん今のところと契約して数ヶ月しかたっていないのに、増額融資の希望をだしても貸してくれない可能性は高いですが、最低でも半年以上経過していて毎月ちゃんと返済をしているのであれば、今借りているところに増額融資の相談をしてみてはどうでしょうか?

新規で別のところに申し込むよりもはるかに手続きも簡単です。わざわざ出向く必要もなく、電話やネットで増額融資の相談をして審査が通れば、そのまま手持ちのカードで提携ATMから現金が引き出せます。しかもむやみに件数を増やすこともないので、一石二鳥です。

今のところへの毎月の返済が遅れがちの人や長期で延滞した事のある人などは増額は難しいかもしれませんので注意しましょう。

他社借入1件で新たにお金を借りるにはどうすればよいかまとめ

まずはとにもかくにも今借りているところに増額融資の申し込みをしてみることが先決です。もちろん今まで送れずにちゃんと返済ができていて、借入総額が総量規制の範囲内(年収の3分の1)であることが大前提となります。

上記が満たされていれば、まずは増額の相談。それでだめなら別の消費者金融で新規で融資の申し込みをするしかありませんが、同じ大手でも会社によって審査基準が異なるため、2件目で借りるのも大手消費者金融に申し込むのが良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました