お金を稼ぐ・儲ける

アラサーでもアラフォーでもパパ活は可能!もちろん主婦でも!

どうしてもお金に困ってしまってなんともならない時、今日中に何とかお金を工面しないといけない時、そんな時に役立つのが最近流行のパパ活です。

パパ活と言えば、20代前半の若い子がおじさんと食事やショッピングをしてお小遣いをもらうというイメージが強いかもしれません。

テレビなどのメディアで取り上げられているいわゆるパパ活女子といわれている人たちも、20代前後の若い子がほとんどです。

そのため、30代や40代前後のいわゆるアラサー、アラフォー女子はパパ活なんてとんでもない、絶対無理!と思っている人がほとんどのようですね。

しかし実態は全然違います。

そもそもパパ活の相手となる男性は30代~50代ぐらいの男性が多いのですが、みんなみんな20代の若い子がいいというわけではありません。

そもそもパパ活は?パパ活の本当のところ

パパ活という言葉は数年前から時々メディアで取り上げられていましたが、一気に広まったのは2017年にパパ活をテーマにしたテレビドラマが放映されてからではないでしょうか。ドラマの名前は「パパ活」という直球の名前です。

それまではごく一部の人しかそういった活動をしていなかったのが、一般に知れ渡ることによって一気に広まった感じがします。

今ではパパ活専門のアプリや出会い系サイトにパパ活のカテゴリーができたりと男女とも相手探しに事欠かない充実振りを見せていますね。

基本的には若い女性とおじさんというカップリングのイメージが強いですが、実際はそうではありません。

もちろん「パパ活をしている」と公言できるのは、20代の若い女子だけですが、こういったパパ活アプリやサイトを見れば、30代や40代、中には50代の人も一定数の割合でいてます。

もちろん若い人のほうが需要があるのは当たり前ですが、40代50代のおじさんにとっては若すぎる子よりも、自分と年齢の近い人のほうがいいという人もかなり多いのも事実です。

もし今あなたが30代40代でお金に困っている、もしくはお小遣いがほしいというのであれば、手っ取り早い方法としてパパ活を強くおすすめします。

パパ活の相場はいくらぐらい!?食事だけでお金がもらえるの?

基本的には一緒に食事をしてタクシー代を渡すというのが一般的です。

ではこのタクシー代はいくらなのか?ということですが、だいたい一般的には1万円~となります。

もちろん決まっているわけではなく、相手によっては食事だけでも5万円とか10万円をぽんとくれる人が中にはいてます。

食事に行ったときに一体どれくらい相手を楽しませられるかどうかというのが一番の肝ですね。

パパ活と援助交際は違うのか?お金が欲しいだけでパパ活してもいいのか?

パパ活やいわば、個人経営の出張型キャバクラみたいなものですから、一緒に食事をしたり、買い物をしたり、映画を見たりといったデートをして、お礼としていくらかいただくというのが基本です。

ただ中にはもっと深い関係になったりする場合もありますが、イメージとしては援助交際のような体目的だけではなく、恋人気分を味わうような感覚です。

なので、最初はいろんな人と会ってみて、ある程度話が合う人や一緒にいて楽しいと思える人と長期的にお付き合いをするのがいいでしょう。

おすすめのパパ活アプリやパパ活サイト

パパ活を始めるにあたりどこで相手を探すかということになりますが、やはりネットのパパ活アプリや出会い系などが良いでしょう。

出会い系のほうが圧倒的に出会える可能性が高くなりますが、あまりお金持ちじゃない人や完全な体目的だけの人もまぎれていますので、多少見極めが肝心です。

初めてで自信がないという人は、パパ勝つ専門のアプリなどを使ってみるのがいいでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました