滞納や払えない場合 ローンやクレカなどの引き落としができない

クレジットカードの引き落としでお金がない場合の対処法

クレジットカードの引き落としの残額がない時はカードローンを

クレジットカードの引き落とし分の残高がなくて、あせった経験はありませんか。そのような時には、まずその残高を補う方法を考えましょう。この場合お勧めできる方法として、まずお金を借りるという方法があります。お金を借りるには銀行、または消費者金融があります。正社員や公務員であれば銀行、それ以外であれば消費者金融がお勧めです。いずれも本人確認と収入証明があり、さらに個人信用情報にブラックがなければ、たいていの場合は借りることができます。もちろんお金を借りるわけですから、返済する必要があります。そのためにも、自分の収入で返済できる金額を借り入れるようにしましょう。

審査が心配な人は手持ちの品物の売却や質入れを考えましょう

しかしお金を借りるにしても、審査に通るのかどうか心配という人もいるでしょう。特に仕事を始めてまだ日が浅いとか、他からもお金を借りている人の場合は、審査に通らないというケースもあります。そのような時は、手持ちの品物を売ったり、あるいは質入れしたりする方法もあります。手持ちの品物では本、衣類、またはブランド品のバッグや財布などがお勧めです。特に保存状態がきちんとしている物、新品同様の物は高額で引き取ってもらえます。質入れの場合は担保となる品が必要なので、やはりバッグや財布、そしてジュエリーなどがいいでしょう。一度預けると3か月は預かってもらうことができます。

支払い方法を変えてみるのも一つの手です

審査も心配だけど、売るだけの品物もないという人は、クレジットカード会社に連絡をして、期日までの引き落としができないことをあらかじめ伝えておきましょう。期日に引き落としができない場合は、まずこちらから先手を打ち、その時に支払い方法を変更するという手もあります。たとえばリボ払いにしておくと、月々定額しか落ちないというメリットがありますが、その代わり、なかなか残額が減らないというデメリットもあります。これを一回払い、あるいは分割払いにすることで、支払いが楽になるということもあります。またクレジットカードを何枚も持っていて、それぞれの引き落としが気になることもあります。普段使いのカードはせめて2枚程度にしておきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました