家賃が払えない!家賃滞納しそうな(している)時の対処法

家賃払えない 滞納や払えない場合
スポンサーリンク




毎月必ず支払わないといけない家賃ですが、どうしても支払いができな状態になった時についての対処法をいくつか紹介します。

家賃が払えないといってもいろんな状況が考えられますので、状況別に説明します。



家賃滞納しそうな時(まだ滞納はしていない状況)

まだ現時点では滞納はしていないけど、このままだと支払日に払うことができない状態になりそうな場合の対処法です。

家賃の支払いが大家さんに直接支払う契約の場合

最近は大家さんも代金の支払いが滞った時の対処法として、信販会社を通している場合が増えてきていますが、このように大家さんに直接支払うタイプの場合は、多少遅れても問題はありません。

但し、問題はないというのは、「信用情報に傷がつく」という部分でのことであって、支払いが送れることには変わりありませんので、大家さんによっては督促の電話がかかってくるなどの連絡はあるかもしれませんが、延滞が初めてであれば、1ヶ月程度なら問題なく待ってくれるでしょう。

給料日やボーナスなどで近々まとめて支払えそうであれば、大家さんにちゃんと事情を説明するのがよいです。

家賃の支払い先が、信販系家賃保証会社になっている場合

例えば有名なところでは、ジャックス、セディナ、オリコ(オリエントコーポレーション)、アプラス、ライフなど信販系の会社が家賃保証会社になっている場合は、家賃滞納はなんとかして防ぎたいところです。

というのも、これらの会社は名前を聞いても分かると思いますが、クレジットカードも発行しているため、家賃を滞納することによっていわゆる信用情報に傷がつく、つまり事故情報として掲載されてしまうためです。

また家賃滞納中は、支払いが遅延している状態のため、新しくクレジットカードを作ったり、消費者金融からお金を借りたりすることができなくなる可能性があります。

つまり、もしまだ家賃の支払日までに時間があるのであれば、先に消費者金融でお金を借りておくほうのが良いです。

すでに消費者金融で借り入れがある場合は、念のためクレジットカードも1枚くらい余分に作っておいたほうが万一の時に助かる可能性があります。

大家さんに直接支払うタイプではなく、こういった信販系の保証会社が支払先になっている場合は、ほとんど融通は利きませんので、家賃の支払いは最優先でするようにして下さい。

すでに家賃を滞納してしまった場合

家賃の引き落とし日に引き落としができなかったり、支払日に振込みができなかったりで、すでに家賃滞納してしまった場合の対処法です。

家賃の支払いが大家さんに直接支払う契約の場合

先にも書きましたが、支払先が大家さんの場合はかなり融通が利きます。極端な話、支払いの督促をしつこくして出て行かれるよりも、多少家賃の支払いが遅れがちであっても、長く入居してもらうほうが大家さんとしてもありがたいためです。

大家さんが怖いのは、空室です。一旦退去されると、リフォームして、募集してと非常に手間隙がかかる上、その間の家賃収入がゼロになってしまいます。

そのため多少遅れてもきっちりと連絡をして対応していれば、多少は目をつぶってくれますし、遅れ多分を分割払いとかそういったリクエストも大家さんによっては、応じてくれる場合もあります。

もちろん、とはいえ何ヶ月も平気で家賃延滞するといろいろと面倒なことになりますが、とにかくちゃんと連絡をして話をすれば、相談に乗ってくることが多いです。

家賃の支払い先が、信販系家賃保証会社になっている場合

信販系保証会社で支払いができなかった場合、事故情報として信用情報機関に掲載される可能性があります。

ただ、信販系の場合は家賃の支払いは引き落としになっていることも多いと思いますが、その場合は2回目の引き落としがある場合がほとんどです。クレジットカードと同じで2回目で落とせば問題はありません。

ただ、2回目の支払いもできないとなるとさすがに良くないです。

個人の大家さんと違って保証会社は甘くはないし、相談にも乗ってくれません。

というわけで、どこからかお金を借りるなり、何かを売るなりしてとにかく支払いをするしかありません。

 

消費者金融などの借り入れをどこからもしていない場合は、借り入れできる可能性は高いと思いますので、プロミスやアコムなどの大手で借りるという方法もあります。

すでに消費者金融にお世話になっている人でもうこれ以上借りられないという場合は、本当にお金がない時の今すぐできる対処法を状況別で解説のページもぜひ参考にして下さい。