専業主婦でも即日融資ができる!今すぐお金を借りたい主婦向け対処法

専業主婦でもお金を借りれる お金を借りる
スポンサーリンク




一般的に専業主婦というと自分自身は働いていないためにお金を借りられないというイメージの人も多いかもしれません。

ですが、独身女性の家事手伝いと違って、主婦の場合は扶養に入っているため、お金を借りるのは難しいことではありません。

といいたいところですが、以前までは一般的な消費者金融でも普通に問題なくお金を借りることができましたが、総量規制ができてから現在は少し事情が違ってきます。



専業主婦でもお金を借りれるところと借りれないところ

完全に働いていない専業主婦の場合、旦那の収入が返済の目安となってしまうため、いろいろと制約が出てきます。

また総量規制対象業社、つまり一般的な消費者金融の場合、旦那の年収+主婦(主夫)の年収の合計から計算して3分の1までしか借り入れができないのはもちろん、大手などはいわゆる配偶者貸付自体をしていないところがほとんどです。

絶対に借りれないところ

プロミスやアコムなどいわゆる大手消費者金融といわれるところです。上にも書きましたが、配偶者貸付というものを行なっていないため、審査うんぬんの前に申し込みをしてもその時点で却下されてしまいますので、気をつけましょう。

借りれる可能性があるところその1.中小の消費者金融

大手以外の一般的な中小の消費者金融なら、配偶者貸付を行なっているところもあるようですが、その場合も総量規制対象業社であるため、旦那の年収の3分の1までしか借り入れができません(旦那も借金している場合はそれも合計されます)。

また、旦那に内緒で借金をするということも不可能です。配偶者貸付の場合は旦那の同意書や住民票なども必要なります。たとえ書類だけ揃えたとしても、直接確認される可能性もあるので、内緒で借りることはほぼ不可能です。

借りれる可能性があるところその2.銀行カードローン

銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外のため、夫婦での年収の3分の1を超えても借り入れは可能です。が、上記同様、内緒で借り入れすることはできません。夫婦両方の信用情報の照会はもちろん、旦那の同意書も必要となります。

結論としては・・・

借り入れは可能だが、旦那に内緒で借り入れをすることはできない

ということになります。

このページを見ている人の多くは、旦那に内緒でなんとかお金を借りたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

ということで、いくつか対処法を紹介しましょう!

対処法その1.専業主婦でなくなればOK!

まず専業主婦というところから抜け出す必要がありますが、パートに出るだけでなく、他にもいくつか方法があります。

パート・アルバイトとして一時的に働く

とりあえずどこかで雇ってもらうという方法です。申し込み時には働いている時間や給料、勤続年数などは多少多めに書いても問題はないでしょう。

働いたばかりであっても、3ヶ月とか半年とか書いてもまずばれることはありません。

但し、消費者金融業者によっては給料明細を提出するよう言われる可能性もゼロではありませんが、基本的には大丈夫だと思います。

個人事業主やフリーランスとして働いている

主婦の場合は、例えば生け花を教えているとか、ピアノを教えているとか、そういう人も少なからずいます。たとえ売上が少なくても、収入が発生している以上、仕事としてみなされます。

もしそういったものがない場合でも、イラストレーター、ウェブデザイナー、ウェブライターなどの肩書きで仕事をしている(ということにする)という方法もあります。

さすがに完全にうそはダメですが、知り合いのサイト制作を手伝ったりとかしたことがあれば、いちおう収入があるわけですから、うまくいく可能性もあります。

クラウドワーカーとして働いている

いわゆるクラウドソーシングの仕事をしている場合は、これに当てはまります。家にいていつでも好きな時間に仕事ができるため、特に子育て中の主婦には人気の仕事です。実際クラウドワーカーとして、毎月数十万円以上稼いでる人もいるくらいですので、立派な職業として認知されつつあります。

ランサーズやクラウドワークスなどに登録をして、いくつか案件をこなせば(記事を書くだけでお小遣いがもらえるという簡単なタスクも多数あり)いちおう仕事としてみてもらえる可能性もあります。

借金申し込み時にどこまで聞かれるかはなんとも言えませんが、クラウドワーカーとして働いていますというのもありだと思います。

対処法その2.クレジットカードのショッピング枠を現金化する

いわゆるクレジットカード現金化です。イメージとしてはあまりいいイメージはない人も多いかもしれませんが、一時的にどうしても現金が必要な場合は、申し込み当日に即現金になるので、非常に便利です。

amazonギフト券を使って自分でやる場合と業社に依頼する場合の2つを以下に説明しています。

amazonでクレジットカードでギフト券を購入(換金目的での購入を薦めてしまうのはサイトとして良くないので、直接アマゾンで検索してアクセスして下さいね)

amazonギフト券買取専門店で買取してもらう。
おすすめのサイト(というかほぼこの3店舗以外はあまりおすすめできません)
amatera(アマテラ)ハッピーマネー買取ボブ*換金率の記載は少し差がありますが実際はどこもほぼ変わりません。逆にこれら以外のところだと高い換金率を表示していても、手数料等を取られたりする場合がありますので注意が必要です。

即日に振込み。
以上で買取完了となります。

クレジットカードのショッピング枠さえ残っていれば、さっと購入してさっと売ってしまえば、一瞬で現金になります!
但し、ひとつだけ気をつけたいことがあります。 それは一度に大量にギフト券をカードで購入する場合です。amazon側としては全く問題はないですが、クレジットカード会社側からすれば、金融商品(ギフト券)をカード決済した場合金額によってはマークされる可能性もあります。カード会社や利用頻度など個々によっても異なるので、一概には言えませんが、5万円程度なら大丈夫でしょう。

逆に10万円以上金融商品を購入するとカード会社によってはカードを停止させられる可能性もゼロではありません。 最後の頼みの綱のクレジットカードのショッピング枠が閉ざされてしまうと、さらに厳しい状態になり他のカードを作ることもできません。

もしそういった不安がある場合は、クレジットカードの現金化業者を使うこともひとつの方法です。 カード現金化はちょっと怖いという人も多いかもしれませんが、違法ではありません。

その証拠に実店舗を持って経営しているところがたくさんあります。 カード現金化業者の場合は、「あくまでも商品を購入した」ことになるため、クレジットカード会社からのマークはまずありません。

さらに現金化業者は、どのカードはどれくらいまでなら大丈夫だとか、そのあたりのさじ加減をかなり把握しているため、カードを止める事もなく現金にすることができます。 クレジットカード現金化で検索すれば、山ほど業者が出てきますが、中には悪質なところや換金率が低い(HPでは高換金率をうたっている)ところも多いため、当サイトでは以下の2つをおすすめします。
プライムウォレット和光クレジット 業者探しや見極めは非常に難しいですが、この2社のように長期で営業を行なっているところであれば安心して申し込みができます。
ちなみにこういった業界はあまりネットの口コミを鵜呑みにしないほうがいい場合もありますので注意が必要です。

対処法その3.パパ活

最近パパ活というドラマを放送していたぐらいなので、もうこのキーワードもほとんどの人は知っているのではないでしょうか。要は女性が男性とデートをして、お小遣いをもらうというのがパパ活と呼ばれるものですが、昔の愛人とはちょっと違うようです。

愛人というとお金持ちの社長が若い女性を囲って、マンションやら車やら高級ブランド品やらを与えるかわりに大人の関係もというイメージですが、パパ活の場合はどちらかと言えば、もっとカジュアルで一緒に食事をして、1万円とか3万円、人によっては10万円とか、月契約の人もいるのだとか。

パパ活は女子大生とおじさんというイメージの人が多いようですが、実は主婦でパパ活をしている人もかなり増えているようです。若い人はもちろん30代や40代、50代でも需要はあります。男性側も40代~60代が多いため、若い人以外もチャンスは多いです。

では、どこで探せばいいかということですが、パパ活専用サイトもいくつかありますが、会員数がまだまだ少ないため、一般的な出会い系サイトが良いです。

おすすめは、
・ワクワクメール
・シュガーダディ
の2つでしょう。

他にも有名な大手出会い系もたくさんありますが、パパ活を禁止しているところも多いため、上記の2つに絞るのが良いと思います。

ワクワクメールは一般的な出会い系サイト、40代以上の人はこちらのほうが可能性は高いでしょう。シュガーダディのほうはパパ活サイトで、年齢層が若いため、どちらかと言えば20代向けです。

やってはいけない対処法

なんとなく分かると思いますが、いわゆる「闇金」というところには絶対に手を出さないようにして下さい。

最近では「やさしい闇金」とか「ソフト闇金」といったちょっとソフトな感じの宣伝文句で営業をしているところもかなり増えています。

が、実際はちょっとあり得ないぐらいの高金利で一旦借り入れをしたら、よほどお金を稼げないと普通の収入ではまず抜け出せない状態になります。

そして、結局行き着く先は自己破産とか旦那や両親に泣きつくとか家を売ってしまうとか、、、まあたいへんな状況になってしまいます。

なので、闇金と言われるところには絶対に手を出さないようにしましょう。