お金辞典

即金でお金を借りる!作る!稼ぐ!儲ける!お金のすべて

仮想通貨

仮想通貨が儲かる理由を初心者にも分かりやすく解説しよう!

投稿日:2018年1月15日 更新日:

2017年はまさに仮想通貨元年というような年で仮想通貨の代表格であるビットコインも年初から約20倍にまで高騰しました。

春ごろまでは仮想通貨やビットコインと言ってもあまりピンと来ない人が多かったのに、ビットコインがどんどん高騰してネットニュースだけでなく、テレビでもたびたび取り上げられるようになり、あっという間にみんなの知るところになりました。

M-1で優勝した、とろサーモンの久保田は賞金で「仮想通貨を買う」と言っていたのを聞いた人も多いでしょう。

さらに仮想通貨の国内取引所であるビットフライヤーのCMが流れるようになったり、最近は出川哲郎が出演しているコインチェックのCMも流れるようになりました。

そう、まさに仮想通貨バブルはこれから始まるのです!

「ビットコインはもう上がりすぎて怖くて買えない」とか「今から始めても儲からない」とか言っている人、そして「仮想通貨がイマイチ分からない」という人にはぜひ知ってもらいたいことをまとめました。

今年最もバブリーになるであろう、仮想通貨で儲ける方法を伝授します。

超初心者向け仮想通貨の基礎知識

ごく簡単に言うと、仮想通貨というのは「ネット上でのみ取引ができる通貨」のことで、暗号通貨と呼ばれることもあります。

通貨と言えば、日本だと円、アメリカだと米ドル、イギリスだとポンド、というように国が保証した通貨が今までの概念ですが、そういった一般的な概念を取っ払った国際的な通貨としてインターネットを介して取引が行なわれるものが、仮想通貨と呼ばれるものです。

デジタルマネーと呼ぶ人もいますが、イメージとしてはそんな感じです。現金のように現物がないため、セキュリティなどの面で怖いという人も多いか知れませんが、今や銀行でもネットバンクが一般的な時代ですから、それほど心配する必要はありません。

仮想通貨の代表格であるビットコインはわずか1年で20倍

仮想通貨=ビットコインと思っている人も多いようですが、実際はビットコインというのは、仮想通貨の中の1つであってビットコインが仮想通貨の全てと言うわけではありません。

仮想通貨自体は日々いろんなものが増えており、現在1000以上の仮想通貨が取引されています。

つまりある程度上昇した感のあるビットコインに投資せずに、他のこれから上がるであろう通貨に投資するという方法もあります。

主なアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の2017年の値動き

みんながビットコインだと騒いでいる間も2017年1年でビットコイン以上に爆上げした通貨が山のようにあります。

むしろ億り人と言われているようなたった1年で億超えを達成したような人は、ビットコイン以外の通貨で儲けている人も少なくないのです。

例えば日本の国内取引所で簡単に購入できる通貨の1年の値動きが下記になります。

2017年1月1日に買っていたら・・・

例えば2017年1月1日に購入していた場合、12月31日にはこれぐらい爆上げしているのです。
ビットコイン:14倍(最高24倍)
リップル:273倍
ネム:240倍
リスク:129倍
イーサリアム:86倍
ダッシュ:84倍
ライトコイン:49倍
モネロ:23倍
イーサリアムクラシック:18倍
オーガ:16倍
ファクトム:14倍
バージ:9815倍
モナコイン:377倍
ザイフトークン:2倍

これらに比べれば、ビットコインの最大24倍なんて、たいしたことないということがお分かりでしょう。

そして、こういったいわゆるアルトコインと呼ばれる仮想通貨が今もたくさん眠っているのです。

どうですか?少し夢が膨らんできませんか。

これから始めて仮想通貨で儲ける方法とは

ここまでの説明で勘のいい人は分かると思いますが、これから仮想通貨を始めるのであれば、狙い目はアルトコインです。

ある程度資金がある人なら、ビットコインに大きく投資することは可能ですが、資金があまりない人や100万円未満の人が、数百万円、数千万円以上を儲けるには仮想通貨のアルトコインを買うのが手っ取り早いのです。

例えば国内取引所で買える仮想通貨もビットコイン以外にもいろんなアルトコインを買うことができます。

しかも日本の国内取引所に上場している仮想通貨(つまり購入可能な通貨)は、詐欺などの心配もないので安心です。

投資するお金がない場合はどうすればいいか

仮想通貨に投資したいけど、お金がない、現金がない、という人も多いかもしれません。

しかし仮想通貨の場合は、なんとクレジットカードで購入することが可能です。つまり現金が1円もなくても仮想通貨を購入することができます。

もちろんクレジットカードのショッピング枠の利用可能額の範囲内にはなりますが、なけなしの現金をかけなくてもクレジットカードがあれば、簡単に仮想通貨に投資することができる世界なのです。

もちろん投資というのは、生活費を削ってやるものではなく、余剰資金でやるのが鉄則です。しかしここ1年のいろんな投資家の声を聞く限りでは、今の仮想通貨の相場というのは、「人生で一度あるかないかの大相場」なのだそうです。

これはいろんな人がツイッターなどで言っていますが、例えば30万円で投資を始めた場合、万一その通貨の価値がゼロになっても(実際ゼロになる可能性はまずありません)マイナス30万円。しかしうまくいけば、300万円、運がよければ数千万円、もしかしたら1億円以上になる可能性があるのです。

しかもかなり高い確率で倍以上にはなっているのです。こんな夢のような相場は今後の人生でまずやってくることはないでしょう。

よって多少のリスクは覚悟してでも参戦すべき相場でもあります。

競馬やパチンコのようなギャンブルと比べれば、はるかに高い確率で大金を手にできる可能性がある

例えば資金10万円で競馬に行ったとしましょう。この10万円を100万円にできる確率はどれくらいだと思いますか?1000円(10倍)以上の配当に1点買いでかければ100万円になる可能性はもちろんあります。

しかし、配当が10倍なわけですから勝つ確率は10分の1以下です。しかも勝負は一瞬。負ければゼロです。

ところが仮想通貨の場合、1つのアルトコインを10万円分買ったとしましょう。

確かに10倍になる可能性はどれくらいあるかというのはもちろん分かりません。

ただ、ここ1年、特にここ数ヶ月の相場を見る限り、かなり高い確率でほとんどの通貨が上昇しているのです。仮想通貨をやっている人のツイッターを見ても分かりますが、「何買ってもあがる」といったようなツイートが多いです。さらに言えば20倍とか30倍、またはそれ以上に爆上げ可能性もかなり高い確率で十分に秘めているということです。

何度も言いますが、本当の仮想通貨バブルはこれから始まります。

その理由は次の項目で説明します。

仮想通貨が儲かると理由その1.国内取引所はまだまだこれから

株式投資をする場合に証券会社に口座を開設するのと同じで、仮想通貨で取引をするにはまず「仮想通貨取引所」と呼ばれるところで口座開設をする必要があります。

仮想通貨取引所というのは海外も入れればかなりたくさんありますが、日本国内ではまだつい最近出てきたばかりです。

この、つい最近出てきたばかり、というのがミソです。

最初にテレビCMが始まったのは、ビットフライヤーという仮想通貨取引所。そして年末ごろからやたらと目にするようになったのが、出川哲郎でおなじみのコインチェック。

このコインチェックのCMはほとんどの人が見たことがあるのではないでしょうか。

コインチェックはCMが始まってまだせいぜい2ヶ月程度しか経っていないんです!

つまりどういうことかと言うと、これからどんどん新規の業社が参入して、テレビCMが増えてくるようになります。

もちろんほとんどの人はそのCMを見て、「よしやってみようか」ってことで口座を開設するわけです。まだまだこれからたくさんの人が仮想通貨市場に流れ込んでくるのです。

そうなればどうなるか?考えれば誰でも答えは分かりますよね。今まで投資経験などあまりなかったような人が口座開設をして、仮想通貨を買うのです。

上がらないはずはないでしょう。

ちなみに昨年ビットコインが爆上げしたのが、ビットフライヤーのCMが始まって間もない頃です。テレビCMを見て、口座を開設した人がビットコインを買う→価格上昇という超単純な理由なんですね。

12月からコインチェックのCMがバンバン流れています。年末の少し忙しい時期が終わり、年が明けて少し落ち着いた頃からコインチェックの口座開設をする人がこれからどんどん増えていきます。もちろん口座開設をした人はほぼ100%ビットコインなり、なんらかの仮想通貨を買いますから、また価格が高騰していきます。という流れです。

さらに、2018年1月からはDMM、4月には「みんなのビットコイン」、同じく春ごろには「マネーパートナーズ」、SBIバーチャルカレンシーズといった大手企業がバックにある国内取引所がどんどん参入していきます。たぶんまだまだこれからも増えていくでしょう。

つまり、仮想通貨バブルはまだ始まったばかり、いや始まってさえいないのです。

仮想通貨やビットコインという名前は知っていても、口座を開設して実際に投資している人はまだまだ周りにあまりいないと思います。昔のバブルの頃のように、普段投資などしたことがない普通のおっちゃんやおばちゃんがやり始めたら、さすがにもう価格も下がるかもしれませんが、30代~50代ぐらいの人の間でも実際に投資しているのは、10人に1人もいません。

まだまだごく一部の人しか投資していないからなんです。

この話を聞いて、一時期FX取引が爆発的に流行った時期があったのを思い出した人もいるでしょう。確かにあの頃は一部の大儲けした人がいたのは事実ですが、ほとんどの人は儲かっていません。むしろ大損して大変な目に合った人のほうが多いかもしれません。

しかし仮想通貨とFXでは、決定的で大きな差があるのです。

なぜ仮想通貨だと儲かるのか?

それは次の項目で説明します。

 

仮想通貨が儲かる理由その2.基本はみんな「買い」だから

FXとは外貨、つまりドルやユーロ、ポンドなどを売り買いして利益を得るという投資方法で、パソコンが1台あれば、自宅で誰でもできるようになり、テレビやネットを問わず、いろんな業社がFXの口座開設の宣伝をしていました。

我こそは!とみんなあちこちで口座開設をして、かなりたくさんの人が実際に投資をしたのだと思います。結果みんな儲かったかというとそうではありません。たくさんの人が大金を稼ぐ夢を見て口座開設をして、ハイレバレッジで取引をして散っていきました。

もちろんごく一部の凄腕トレーダーと呼ばれるような人は何億、何十億と稼ぎ出しテレビの取材を受けたりする人も出ていました。

しかし、仮想通貨とFXの大きな違いがあります。

それは、

FXというのは、「買い」もあれば「売り」もあります。そしてFXというのはゼロサムゲームなのです。

誰かが100万円儲かれば、必ず誰かが100万円損するようにできているのです。株や仮想通貨のように、取引した人全員が儲かるという相場ではないのです。

つまり、FXの場合は全員が必ず儲かるようには絶対にならないようなシステムなんです。1000万円儲けた人がいれば、必ず1000万円損した人がいます。だいたい1割人が勝ち9割の人が負けると言われている世界ですから、1000万円勝った人の後ろには、100万円負けた9人の屍が必ずあるようにできています。

では、仮想通貨のほうはどうでしょうか?

仮想通貨は基本みんな「買い」で投資します。

もちろん取引所によっては「買い」も「売り」もできるところもありますが、ほとんどの人は「買い」で入ります。

将来は分かりませんが、少なくとも今の「仮想通貨バブル」の時に「売り」で投資する人は、ごく一部の凄腕トレーダーか全く良く分かっていない人かのどちらかでしょう。

イメージとしては、昔のバブルと呼ばれたころの株式相場が今の仮想通貨の相場と考えればいいのではないでしょうか?もちろん株と違って、仮想通貨の場合は、まだ適正価格というか目安の価格がだれも分からない状態ですから、簡単に100倍200倍になる可能性も秘めているわけです。

いかに今の仮想通貨の異常なほどのバブルなのかお分かりでしょうか。

仮想通貨が儲かる理由まとめ

つまり、これからの仮想通貨の儲かる理由をまとめるとこういうことです。

まだまだ国内の取引所の参入が続く

今まで興味のなかった人もどんどん口座開設をする

口座開設をすれば、当たり前だがみんな仮想通貨を「買う」

仮想通貨の価格が上昇する

さらにたくさんの人が口座開設をする

以下ループ

もちろん、昔のバブルの時もそうですが、永遠に価格が上がり続けることはありません。

ただ少なくともまだ1年や2年は十分に価格が上がっていく可能性が非常に高いのです。

理由は先ほども書きましたが、まだほとんどの人が参戦していないからです。

昔バブルがはじけた頃は、猫も杓子も株を持っていた時代でした。投資にほとんど興味のない人まで、証券会社の営業マンの口車に乗せられて買ってしまう。景気がいいので何を買っても株は上がる時代でした。

そして景気が良くなり、給料が増える、そしてまた株を買う・・・というサイクルですね。

この話からも分かるように、まだまだ全然仮想通貨なんて持っている人はほとんどいないに等しいのです。

実際まだ、仮想通貨は怪しいと思っている人が多いようですが、投資で爆発的に儲ける方法は、みんなが怪しいと思っているうちに仕込んでおく。

まさにこれに尽きるのだと思います。

おすすめの国内の仮想通貨取引所は

それではどうすれば仮想通貨を始められるかというとまずは国内の取引所での口座開設から始まります。

いちおう書いておくと、取引所というのは国内だけでなく海外にもたくさんあり、マイナーな仮想通貨、つまりこれから大化けする可能性のあるものを探したい場合は、海外がおすすめです。

が、珠玉混合で詐欺のような通貨もあったりするので、初心者にはおすすめできません。

まずは国内の取引所である程度取引をしてみてからでも、海外取引所デビューは遅くはありません。

2018年1月現在でおすすめできる国内の取引所はやはりダントツでコインチェックです。

ビットフライヤーなどは開設までに非常に時間がかかってしまうこともあるので、現時点ではあまりおすすめではありません。

コインチェックのホームページは以下からアクセスできます。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
最も早く口座開設ができるコインチェックでさえ、登録して本人確認から本人確認資料到着まで4、5日は必要です。

仮想通貨の相場は日々大きく変動しています。昨日買おうと思っていた通貨が今日はもういきなり3倍になっていたりすることが当たり前に起こります。

少しでも早く口座開設の手続きをして入金だけでもしておくことをおすすめします。

入金は銀行振り込みはもちろん、クレジットカードでも簡単に入金ができます。

2018年も仮想通貨は儲かるという結論

ここまで読んで賢い人なら早速コインチェック、ビットフライヤーの口座を開設手続きをしていることでしょう。

1日でも早く口座開設をして、1日でも早く仕込んでおく。

もちろん今日買ったら必ずしも明日上がるわけではないですが、これくらいのスピード感が大切です。

そのうちそのうちと言っているうちにあっという間に1年が経ち、「ああ、あの時10万円でも買っていれば今頃は・・・」なんてことになる可能性が高いのです。

とにかく行動しましょう!

-仮想通貨

執筆者:

関連記事

仮想通貨アフィリエイト

仮想通貨アフィリエイトは最高に儲かるのですぐにやるべし!

前回の記事で仮想通貨が儲かる理由というのをガッツリと書きました。まだ読んでいない方はぜひ一度読んでみてください。 仮想通貨が儲かるということを理解していただいたという前提で、今回はアフィリエイトについ …