国民健康保険が払えない時の対処法

スポンサーリンク




国民健康保険が払えない場合どうすれば良いか、急にお金が必要な場合の対処法をまとめました。



国民健康保険と支払い方法

対処法ですが、国民健康保険を滞納した場合は何度も督促状が届くようになります。最初は延滞金を含めた支払いの催促の用紙が何度か届きますが、いつまでたっても支払いが行われない場合は最悪銀行口座の差し押さえなどが行われる可能性があります。

時間がたてば経つほど、延滞金も増えるため、何とかお金を工面して支払いをすることをおすすめします。消費者金融やカードローンなどで一時的にお金を借りて支払うという方法がもあります。

消費者金融やカードローンでお金を借りる

国民健康保険が払えないということは生活自体がかなり困窮している可能性もあります。もしきちんと返済計画が立てられるのなら、銀行カードローンや消費者金融でお金を借りておくという手もあります。今や銀行カードローンは誰でも借りられる時代です。とりあえず申し込みをしておきローンカードを作っておくだけでも、いざとなったらそこからキャッシングすることができるので安心感があります。

電気代が払えない状態で困った人の体験談と対処法

実際のリアルな体験談をいくつか掲載しましたので、もし急にお金が必要になった人は参考にして下さい。

時効になったと言われた体験談

私は仕事をしていたときに、健康保険は天引きされていました。その後転職をした際に3ヶ月ほど国民健康保険になりましたがその時にその手続きをしていなくてまた会社から健康保険を天引きされるようになりました。

私は国民健康保険になったその短い期間の支払いをしなくてはいいものだと思っていたので支払いをしませんでした。そして、その期間は無給だったので払うことも出来なかったので何もなくてラッキーとさえ思っていました。

仕事が落ち着いて昔の国民健康保険の分を払おうと市役所に訪ねた時に、市役所の方から「もうその期間のものは時効になったので払わなくてもいいですよ」と言われました。

払いに行ったのに、市役所の方から払わなくていいと言われて驚きましたが時効になれば税金は払わなくてもいいんだと少し思ってしまいました。それ以外の税金を滞納した時はしつこく請求書が来ていたのにそういったのも確かに来てないなと思いましたし、払わなくてもいいみたいなのでそのまま払っていません。

国民健康保険が払えないので家族の口座を使用した出来事

私は過去に国民健康保険のことで焦るような事態になりました。その時は家の中での出費が多くて支払いもできなかったのです。

例えば食費や光熱費でその他の支払いの余裕がなかったです。だから国民健康保険のことも忘れてそのままの状態でした。

ある時に家族から国民健康保険の支払いの話を受けて自分は驚きました。内容は未払いで重要な書類が家に届いていたというものです。そこで私はお金が払えないことを家族に言って対応することを考えました。

結局は誰が国民健康保険のお金を支払うのかで大いに揉めました。私はお金が足りなくて親や兄弟と何度か話し合いをしました。

私が決めたことは世帯主の銀行口座を国民健康保険の支払いに使うというものでした。それでお金が毎月のように銀行口座から引かれるので未払いはなくなりました。

私は世帯主に後になってからお金を渡すことで国民健康保険を継続できました。世帯主は祖父だったので気まずい雰囲気もありました。実際には実家暮らしで未納の状態を脱することができて助かりました。

いきなり退職することになった私の体験談

私は、昨年の冬に仕事を退職しました。それから、3ヶ月間は仕事が決まらなかったので国民健康保険を使用しなければなりませんでした。しかし、ケガでの退職だったのでいきなりの退職になり、次の就職先も考えていなかったし、仕事をしていない時期にいくらかかるのか等も知らないままの状態になりました。ケガは全治1ヶ月程度でその後にハローワークで仕事探しをしました。

その時に国民健康保険も加入しないとねとハローワークの方から言われました。それを聞き、私ははっとなりました。ですが、その時に朗報が!私は前の職場で正社員で2年半働いていたので雇用保険に入っており、お金が出るといわれました。急いでその日のうちに手続きに行きました。それから、ハローワークの方がしていしてきた日に、何回かの面接や職業訓練等を行きました。その1ヶ月後に約20万ほどを頂くことができました。そのお金で、働いていない時期の国民健康保険を無事に払うことができました。

国民の権利でもアルバイトにはけっこう厳しい

20代後半で離婚した経験があり、正社員の扶養家族から国民健康保険に切り替えをしました。

当時は実家に戻って仕事を探していたのですがなかなか見つけることができず、近所のコンビニのアルバイトで生活費を稼いでいました。

親に頼りきりになるわけにもいかず家賃や食費を入れると手元に残るのは本当に小額でストレスに負けて洋服やアクセサリーを買って使い果たしていました。

国民健康保険を払わないまま4ヶ月ほどしてからやっと仕事が決まりました。

近所の会社の事務職で、契約社員ですが保険にも入れるということで安心しました。

しかし入社の手続きのときに困ったことが判明しました。

保険を再度切り替える際には国民健康保険の未払いぶんを清算しなくてはなりません。

4ヶ月分となると当時の私にとってはかなりの大金で払えないと途方にくれました。

払わないと仕事先にも迷惑がかかるので両親にお願いしてお金を借りてどうにか払いましたが、迷惑はかけたくなかったのにかけてしまい自分が情けなくなりました。

国民健康保険に入っていれば病気のときにも安心ですが、4ヶ月の間に医者にかかることもありませんでした。

アルバイトの収入では毎月1万円以上を払うことはけっこう厳しく病気にならないと損だとも思ってしまいました。

コメント